水着や裸で集落を歩かないように、おばぁおじぃからの約束

LINEで送る

島は生活の場:
船着場や民宿などの注意書きで目にしたことがあると思います。島は観光地でもありますが、その前に人が住まう日常生活の場です。内地の海水浴場なら水着のままビーチ沿いの屋台を覗きこんだり、近所のコンビニまで行くこともあるかもしれませんが、あくまでも島の集落はごくフツーの生活の場です。そしてその集落に住まう方のすべてが観光事業に携わっているわけでもありません。

水着で集落を歩かないようにしよう

私達旅行者は島にお邪魔させて貰う立場です。「自分たちはこの島でお金を使う観光客なんだ」という考え方は行き過ぎですし、「暑いからちょっとぐらい」なんて気分で過ごすのもいかがなものでしょう。それにみなさんの普段の生活の中で、街を水着で歩いてる人はいませんよね。

島の方も旅行者も、お互い気持ちよく過ごすために、水着のまま集落を徘徊しないようにしましょう。短パンのような水着なら、Tシャツを着るだけで充分です。

参考例

このような格好であれば良いでしょう。

おじぃおばぁは、外の世界はあまりよくわからないさーね。